美術作家 山本雄教のウェブサイト

展覧会などのお知らせや、作品画像、過去の展覧会風景などをアップしています。

CURRENT/開催中・近日開催の展覧会 ※各詳細はNEWSをご覧下さい


深沢尚宏・山本雄教 二人展|静岡松坂屋 北館2階 Blanc CUBE

6月29日(水)から静岡松坂屋 北館2階 Blanc CUBEにて、深沢尚宏さんとの二人展がスタートします。

二人展と言いつつ、スペースごとに分かれてそれぞれの個展のような感じになりそうです。

深沢さんが花を題材にした作品を多く作られていることもあり、今回僕も花をモチーフにした新作を制作しました。

お近くの方がおられましたら、ぜひご来場お願い致します!

 

---

 

「深沢尚宏・山本雄教 二人展」

会期|2022年6月29日(水)~7月5日(火)

時間|10:00〜19:00(最終日16:30まで)

会場|松坂屋静岡店 北館2階 Blanc CUBE

住所|〒420-8560 静岡市葵区御幸町10-2

https://www.matsuzakaya.co.jp/shizuoka/garou/?fbclid=IwAR0FwiaXiofAHQ5lcMsEFWMiuyk4AQ6gqjhcq9c9lG3FT3x-rJsTYRCZ_dU


たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇|東京都美術館 ギャラリーA

パラレルモダンワークショップによる展覧会「たえて日本画はなかりせば」に出品します。

昨年6月に予告なしで行われた「たえて日本画のなかりせば:上野恩賜公園篇」を元にした展覧会です。

詳細はパラレルモダンワークショップのホームページをぜひご覧ください。

https://p-m-w.weebly.com/

 

「都美セレクション グループ展 2022 たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」

会期|2022年6月11日(土)~7月1日(金) ※6月20日(月)は休室

時間|9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで) ※6月17日(金)、24日(金)、7月1日(金)は20:00まで(入室は閉室の30分前まで)

料金|入場無料

会場|東京都美術館 ギャラリーA

住所|〒110₋0007 東京都台東区上野公園8₋36

WEB|https://www.tobikan.jp

主催|パラレルモダンワークショップ、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館

助成|公益財団法人朝日新聞文化財団

アーティスト|泉桐子、大平由香理、尾花賢一、親指姫、金子富之、金子朋樹、菊地匠、硬軟、春原直人、多田さやか、谷保玲奈、⻑沢明、中村ケンゴ、ベリーマキコ、歩火、山下和也(ちやのある Le Cha noir)、山本雄教

キュレーター|小金沢智

制作協力|荒達宏、上領大祐、國友勇吾、弦間康仁、笹⾕遼平、島⽥隆⼀、杉原出雲、鈴⽊⼀成、関野圭一郎、塚田めぐみ、⻄澤諭志、山口明子、吉江淳、吉岡直将

ビデオグラファー|岡安賢一

グラフィックデザイナー|丸山晶崇

 

コンセプト

世の中にたえて桜のなかりせば 春の⼼は のどけからまし(伊勢物語)

この錦絵は、上野公園(現・上野恩賜公園)で明治23(1890)年春から夏にかけて開催された「第3回内国勧業博覧会」を主題にした、楊斎延一《内国勧業博覧会 上野公園一覧》(1890年、個人蔵)である。画面奥の「美術館」と付される建築物と「動物園」のあいだ、クレジットのない建築物に注目して欲しい。明治20(1887)年に開校したばかりの東京美術学校(現・東京藝術大学)と思えるが、この当時、学校名すらクレジットされないほどその名は一般に知られていなかったか。けれども、以来その場で教授される日本画は、「日本」の表象としての機能を持ち続け、アジア・太平洋戦争敗戦後は「日本画第二芸術論」が叫ばれながらも、ついに滅亡することなく、「国民画家」と呼ばれる作家までも輩出している。

ここで想像する。錦絵上で明示されていないように、もしこのとき上野公園に、東京美術学校がなかったならば。ここで、日本画が教授されなかったならば。すなわち、東京美術学校由来の日本画がなかったならば、いま、日本画はどのようなものとなっていたか。東京で。あるいは、日本で。

 

「たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」は、この錦絵が描かれてから132年後、上野恩賜公園に位置する東京都美術館で、現在の美術家たちが黎明期における日本画の不在を仮想したときどう振る舞うか、という大いなる矛盾を含んだ思考実験である。ありえたかもしれないパラレルな世界へのいっときの没入のはてに、私たちは現在への新しい想像力を手に入れることができるだろうか?(小金沢智)

 

関連イベント:「たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」御案内

パラレルモダンワークショップのメンバーが、解説・上映会・ディスカッション等で「たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」の全貌を御案内いたします。

--

日時|2022年6月18日[土]11時00分-16時00分(受付:10時30分)

1. 11時00分-11時45分:[キュレーター解説]「たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」

2. 13時00分-14時30分:[上映会①]「たえて日本画のなかりせば:上野恩賜公園篇」ドキュメント(ゲスト:岡安賢一[ビデオグラファー])

3. 14時35分-14時50分:[上映会②]紙芝居by親指姫

4. 15時00分-16時00分:[ディスカッション]「たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」とパラレルモダンワークショップのこれから

--

場所:東京都美術館 講堂

参加費:無料

参加方法・定員:事前申込制・定員100名

-|

イベントの詳細・申込方法は、決まり次第、パラレルモダンワークショップWEBサイトに掲載いたします。

 変更の場合がありますので、必ず事前にご確認をお願いいたします。 


ブログ「日経日本画大賞展で起こったこと」


「第8回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」において、私の出品作≪White noise #10≫に起こったことをブログにアップしました。

よろしければ以下のリンクからお読みいただければ幸いです。

 http://blog.livedoor.jp/yayamamamomototo/archives/68883524.html 


個展「豊穣の空洞」アーティストトーク

 

河岸ホテルの扇沢友樹さんとのトークが、河岸ホテルのYoutubeにて公開されました。

ぜひご覧ください。


「Rurika is」作品掲載


元宝塚の男役スターで、現在はアーティスト、俳優の美弥るりかさんのスタイルブック「Rurika is」に、美弥さんをモチーフに制作した作品2点を掲載いただいています。

作品を見ていただきたいのはもちろんですが、何より美弥さんがむちゃカッコいいので、ご興味のある方はぜひチェックして下さい!

 

https://www.amazon.co.jp/Rurika-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%EF%BC%A2%EF%BC%AF%EF%BC%AF%EF%BC%AB%EF%BC%B3-%E7%BE%8E%E5%BC%A5%E3%82%8B%E3%82%8A%E3%81%8B-ebook/dp/B08JGLJJH8/ref=redir_mobile_desktop?ie=UTF8&bsppEnabled=false&fbclid=IwAR2hlpMjS0k0Zr60p6P9nOXdTTf2-9rDNYee2mHZt9M8PkT4oOFZ4gmD5Pk&ref_=cm_cr_arp_mb_bdcrb_top

 


FUTURE/今後の予定

 

2022.4.13-19「山本太郎・山本真澄・山本雄教・丹羽優太展」大丸京都店6階ほっとスポット

2022.5.11-25「山本雄教展|〇〇〇〇円の芸術家」至峰堂画廊銀座店

2022.6.10-22「山本雄教展|〇〇〇〇円の芸術家」至峰堂画廊大阪店

2022.6.11-7.1「たえて日本画のなかりせば:東京都美術館篇」東京都美術館

2022.6.29-7.5「深沢尚宏・山本雄教展」静岡松坂屋美術画廊

2022.9.30-10.3「ART FAIR ASIA FUKUOKA」福岡国際会議場 多目的ホール

2022.12.12-22「個展」ギャラリー和田/東京

2023.2.21-3.5「META展」神奈川県民ホールギャラリー

2023.6.21-7.3「個展」新宿髙島屋美術画廊/東京

2023.12「個展」大雅堂/京都


Ⓒ山本雄教|yukyo yamamoto ≪Wall of aluminum≫ 180.0×360.0cm  一円硬貨 2014
≪Wall of aluminum≫ 180.0×360.0cm 一円硬貨 2014
Ⓒ山本雄教|yukyo yamamoto ≪Blue mountain≫ 245.0×355.0cm ブルーシート、金箔、アクリル絵具 2013
≪Blue mountain≫ 245.0×355.0cm ブルーシート、金箔、アクリル絵具 2013
Ⓒ山本雄教|yukyo yamamoto ≪悲しむ男≫≪翻弄される男≫≪笑う男≫ 麻紙、アルミ箔、鉛筆、一円硬貨 2013
≪悲しむ男≫≪翻弄される男≫≪笑う男≫ 麻紙、アルミ箔、鉛筆、一円硬貨 2013
Ⓒ山本雄教|yukyo yamamoto ≪米と箸≫ 125.0×184.0cm 麻紙、パール顔料、胡粉、墨 2012
≪米と箸≫ 125.0×184.0cm 麻紙、パール顔料、胡粉、墨 2012